工事現場向けのタブレット「蔵衛門Pad」は、堅牢性がセールスポイント

工事現場向けのタブレット「蔵衛門Pad」は、堅牢性がセールスポイント
拡大する(全3枚)

株式会社ルクレは、工事現場向けのタブレット「蔵衛門(くらえもん)Pad」シリーズの最新モデルとして、「蔵衛門Pad(第4世代)」と「蔵衛門Pad Tough(第2世代)」を発売しました。どちらの製品も、過酷な環境に耐える堅牢性をセールスポイントとしています。

軍手をつけたまま操作可能な「蔵衛門Pad(第4世代)」

工事現場向けのタブレット「蔵衛門Pad」は、堅牢性がセールス...の画像はこちら >>
10.1インチのディスプレイを搭載した蔵衛門Pad(第4世代)は、高さ75cmから床への落下試験や、高さ3cmから6000回の落下試験をクリア。また、防水・防塵性能も備えています。

工事現場向けのタブレット「蔵衛門Pad」は、堅牢性がセールスポイント
さらに、軍手をつけたままでタッチ操作ができる「グローブモード」を搭載し、工事現場での使用をサポートします。OSはAndroid 10で、CPUはMT6765。背面に800万画素のシングルカメラを搭載しており、価格は10万9780円(税込)です。

デュアルカメラ搭載の「蔵衛門Pad Tough(第2世代)」

工事現場向けのタブレット「蔵衛門Pad」は、堅牢性がセールスポイント
蔵衛門Pad Tough(第2世代)は、蔵衛門Padシリーズの最上級モデルとして登場。防水・防塵対応に加え、マイナス20度から60度までの耐熱耐寒仕様となっています。

背面には広角カメラ(1600万画素)と超広角カメラ(1300万画素)を搭載。デュアルカメラ搭載は、国内販売の堅牢タブレットでは初になるとのことです。

ディスプレイサイズは8インチで、衝撃に強い「Gorilla Glass 3」を採用。OSがAndroid 10、プロセッサがQualcomm Snapdragon 632となっており、13万1780円(税込)で販売されています。

PR TIMES

(文・早川あさひ)

この記事の画像

「工事現場向けのタブレット「蔵衛門Pad」は、堅牢性がセールスポイント」の画像1 「工事現場向けのタブレット「蔵衛門Pad」は、堅牢性がセールスポイント」の画像2 「工事現場向けのタブレット「蔵衛門Pad」は、堅牢性がセールスポイント」の画像3

あわせて読みたい

Techableの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年5月16日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。