自動運航船の遠隔監視・遠隔操船に関する共同研究・検証がスタート

自動運航船の遠隔監視・遠隔操船に関する共同研究・検証がスタート
拡大する(全1枚)

国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所(うみそら研)と沖電気工業株式会社(OKI)は、自動運航船の安全および船員負荷低減を目指し、遠隔監視・遠隔操船に関する共同研究の契約を2021年6月1日に締結しました。

両者は、「フェーズⅡ 自動運航船」において、周囲状況の確認技術と遠隔操船技術の構築および自動着桟システムの安全性向上を実現すべく研究・開発に取り組む構えです。

船の周辺映像を遠隔地に伝送

自動運航船の遠隔監視・遠隔操船に関する共同研究・検証がスター...の画像はこちら >>
今回の契約に基づき、うみそら研の海上技術安全研究所(海技研)とOKIは、2022年3月31日までの共同研究を通じて「船舶用俯瞰映像システム」の確立を目指します。

そのために今回は、広島県因島付近を航行する海技研の小型実験船「神峰」に、OKIの俯瞰映像モニタリングシステム「フライングビュー」を搭載。同システムから得られる「神峰」の周辺映像をモバイル回線でつないだ東京の海技研構内のコックピットに伝送し、遠隔監視・遠隔操船を行いながら、他船や周囲障害物との距離把握方法、夕刻・夜間・波浪ありなどの環境条件を想定した影響把握と対策を検討していくといいます。

ちなみに「フライングビュー」は、4台の魚眼カメラと映像合成部・表示部で構成されるシステムです。耐環境性に優れ、自動運航船の周囲360度を自由な視点から俯瞰することができるのが特徴。カメラ映像の合成を映像処理能力の高いFPGAで行うため、小型・省電力でありながら高画質のリアルタイム映像処理を実現します。


あわせて読みたい

Techableの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年6月3日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク