生まれ変わるGinza Sony Parkのファイナルプログラム「Sony Park展」

生まれ変わるGinza Sony Parkのファイナルプログラム「Sony Park展」
拡大する(全1枚)

東京・銀座で50年間続いたソニービルの跡地に2018年8月に誕生したGinza Sony Park。約707平米のフラットな地上部と、地下4階の「ローワーパーク(Lower Park)」で構成され、地下の吹き抜けが特徴的な垂直立体公園です。現在、宇多田ヒカルの新曲『PINK BLOOD』の世界観を再現した展示会や野点傘や床几台が現れる「峠の茶屋」など、さまざまなイベントや店舗を展開しています。

現在のGinza Sony Parkはフェーズ1とされており、開園期間は2021年9月30日まで。その後10月から建て替え工事を進め、2024年にフェーズ2(最終形)となる新しいGinza Sony Parkが完成予定です。

そして2021年6月26日より、フェーズ1として最後となるプログラム「Sony Park展」が開催されます。ソニーが取り組む6つの分野をテーマに、ソニーミュージックの6組のアーティストたちが加わり、ユニークな企画を展開するようです。また、テクノロジーとデザインをテーマにした3つのイベントも同時開催します。

6テーマに6アーティスト

生まれ変わるGinza Sony Parkのファイナルプログ...の画像はこちら >>
「Sony Park展」は、ゲーム・音楽・ファイナンス・映画・半導体・エレクトロニクスという6つの分野に、それぞれ「ゲームは、社交場だ。」「音楽は、旅だ。」「ファイナンスは、詩だ。」「映画は、森だ。」「半導体は、SFだ。」「エレクトロニクスは、ストリートだ。」というユニークなイベントテーマを設定。各テーマに、岡崎体育・奥田民生・東京スカパラダイスオーケストラ・millennium parade・YOASOBI・Creepy Nutsのうち1組が参加し、体験型イベントを実施するようです。


あわせて読みたい

Techableの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年6月9日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク