LOCKEDで煩雑なクラウドサービスの管理・運用を自動化

LOCKEDで煩雑なクラウドサービスの管理・運用を自動化
拡大する(全3枚)

LOCKEDはクラウドサービスの運用を自動化するためのサービス。

導入するSaaS(クラウドサービス)の増加、急速に進むテレワーク、シャドーIT。変化の激しさに仕組み化が追い付かない。それが多くの企業における現実ではないでしょうか。

LOCKEDではSaaSの導入後の浸透、アクセス制御、棚卸し。実業務で発生する様々な問題を仕組み化して解決します。

煩雑なクラウドサービス管理体制の実態

ERP市場においては1年毎にSaaSのシェアが30%以上増加、また、コロナ禍でテレワークを導入した企業は2020年末時点で50%と、ここ数年で企業の働き方は劇的に変化し続けています。さらにはタブレットやスマートフォンの進化により利用される端末種類が増加、SaaSを私有端末で利用できてしまうことも珍しくありません。

SaaSは契約して即座に使い始められるその特性故に、検討すべきセキュリティリスクやサービス・アカウントの管理面を後回しに導入が先行することも多々起こってしまうでしょう。

手軽に導入したあのSaaS、実際に何割の社員が利用していますか? 機密情報をアップロードする場合の不正ログイン対策は? 普段使われていない私有端末からのアクセス制御は?

このような管理上の課題を解決するLOCKEDの機能をご紹介していきます。

堅牢なセキュリティを実現する多要素認証(MFA)

多要素認証とは従来のパスワードなどの知識要素に加えてスマートフォンなどの所持要素や生体要素をかけ合わせ、IDとパスワードだけでは不十分な本人認証を補う強固な認証技術です。特にログイン時、IDとパスワードを入力した後にスマートフォンにSMSを送り、記載された数値を入力する二段階式の二要素認証は、あらゆる有名サービスで実装が必須といえるほど浸透しています。


この記事の画像

「LOCKEDで煩雑なクラウドサービスの管理・運用を自動化」の画像1 「LOCKEDで煩雑なクラウドサービスの管理・運用を自動化」の画像2 「LOCKEDで煩雑なクラウドサービスの管理・運用を自動化」の画像3

当時の記事を読む

Techableの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「スマートフォン」に関する記事

「スマートフォン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「スマートフォン」の記事

次に読みたい「スマートフォン」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク