カリフォルニア大が空気圧式のメモリを開発! ロボットを制御しピアノ演奏もできる

カリフォルニア大が空気圧式のメモリを開発! ロボットを制御しピアノ演奏もできる
拡大する(全1枚)

ソフトロボットは、人間の近くで安全に作業できるとのメリットがあります。ただ、これまでの多くのソフトロボットには、アクチュエータをはじめさまざまなハードウェアと電気が必要でした。

こうしたなか、カリフォルニア大学リバーサイド校(UCリバーサイド)の研究者らは、ソフトロボットの制御に使用できる空気圧式のコンピュータメモリを発表しています。

空気圧ランダムアクセスメモリ(RAM)では、電子ハードウェアを利用せず、バッテリー駆動のポンプのみでロボットを制御可能です。

論理回路はマイクロ流体バルブ

空気圧RAMチップには、トランジスタの代わりに空気の流れを制御できるるマイクロ流体バルブを使用しています。また、電気の代わりに空気が論理回路を流れ、空気圧の状態(真空/大気圧)により1/0を表します。

密閉したマイクロ流体バルブを利用することで、開放したバルブから構築されたものよりも複雑な計算が可能とのこと。それぞれのバルブが空気圧の状態を保存し、メモリとして機能するほか、圧力差によりロボットのアクチュエータを制御しています。

8ビットの空気圧RAMチップでロボットハンドを制御

カリフォルニア大が空気圧式のメモリを開発! ロボットを制御し...の画像はこちら >>

Credit: A pneumatic random-access memory for controlling soft robots/ Plos One

研究者らは、8ビットの空気圧RAMチップを製造し、3Dプリントしたロボットハンドに組み込みました。ロボットハンドの指は空気圧で動作し、真空状態で屈曲、大気圧の状態で伸展します。


あわせて読みたい

Techableの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ロボット」に関する記事

「ロボット」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ロボット」の記事

次に読みたい「ロボット」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク