「Pepper」の会話機能が向上! 法人向けAIチャットボットの新バージョンが採用

rinna株式会社が開発する法人向けAIチャットボット開発プラットフォーム「Rinna Character Platform」の新バージョンが、ソフトバンクロボティクス株式会社のヒューマノイドロボットPepper(ペッパー)」に採用されました。

人間と自然に会話できる「共感チャットモデル」

rinna社は、MicrosoftのAI&リサーチ部門でAIチャットボットの研究を行っていたチームがスピンアウトして2020年6月に設立したAI開発企業。ディープラーニング技術を活用し、AIが文脈に応じた会話文を自動生成して人間と自然に会話する「共感チャットモデル」、AIが話し声や歌声で豊かに感情表現することを可能にする「音声合成システム」などの技術を発表してきました。

これらの最新技術は、rinnaが運営するLINE上のAIチャットボット「りんな」、法人向けAIチャットボット開発プラットフォーム製品「Rinna Character Platform」に応用されています。

一方、ソフトバンクロボティクスの「Pepper」はご存じの方も多いはず。2014年に発表されて以来、2019年春に大型アップデートが行われ、従来から採用されてきた独自OSの「NAOqi」に加えて世界的に普及している「Android OS」にも対応。家庭向けの「Pepper for Home」とビジネス用途向けの「Pepper for Biz 3.0」が導入されました。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

Techableの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「Pepper」に関する記事

「Pepper」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「Pepper」の記事

次に読みたい「Pepper」の記事をもっと見る

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク