在宅医療DXを推進するSaaSを提供中のクロスログ、Microsoft for Startupsに採択

在宅医療をDXするスケジュール管理ソフト「CrossLog」を提供中のクロスログ株式会社が、マイクロソフトコーポレーションのスタートアップ支援プログラム「Microsoft for Startups」に採択されました。

カレンダーも移動ルートも自動出力

「CrossLog」は、訪問診療サービスを提供するクリニックのスケジュール管理の業務効率化を実現するサービス。これまで、複数のツールで管理していた予定と地図と住所録を1つのツールで管理できるのが大きな特徴です。これにより、患者用やクリニック用のカレンダーの自動出力が可能となり、従来手作業でやっていた作業が大幅に削減されます。

また、Google Mapsと連携し、1日の訪問ルートの作成も可能に。もし次の移動までの移動時間が実際のルート組みと合わない場合はアラートを出してくれるので、無駄のない時間管理ができるでしょう。さらに、各種電子カルテメーカーとの連携が可能となり、施設情報・患者情報を連携させたスムーズなスケジュール作成ができるようになったといいます。

現在、全国14都道府県、40を超える医療機関に導入され、患者規模が月に500名のクリニックでは、看護師の業務を約半分まで削減できたとのこと。今後は、対応する電子カルテメーカーの拡大と、医療機関・患者・患者家族との連携が図れるメモ機能などの追加を予定しているようです。

「Microsoft for Startups」について


編集部おすすめ

当時の記事を読む

Techableの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「マイクロソフト」に関する記事

「マイクロソフト」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「マイクロソフト」の記事

次に読みたい「マイクロソフト」の記事をもっと見る

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク