JR東日本、海外スタートアップとの共創活動を開始。第1弾はロボバリスタ

JR東日本、海外スタートアップとの共創活動を開始。第1弾はロボバリスタ
拡大する(全2枚)

東日本旅客鉄道株式会社(以下、JR東日本)は、「交通の拠点」から「暮らしのプラットフォーム」へと転換する「Beyond Stations 構想」を推進中。これまで、国内のスタートアップ企業を中心にオープンイノベーションに取り組んできました。

そしてこのたび、オープンイノベーションの取り組みを海外に広げ、グローバルな共創活動を推進していくと発表。第1弾として、シンガポールのスタートアップCrown Technologies Holding Pte. Ltd(以下、Crown社)が開発するロボバリスタ「Ella(エラ)」を活用したコーヒーサービスの実装を目指し、東京駅および横浜駅でテストマーケティングを実施します。

グローバル展開の仕組み

JR東日本、海外スタートアップとの共創活動を開始。第1弾はロ...の画像はこちら >>
オープンイノベーションをグローバル展開するにあたり、JR東日本がシンガポールで運営するオープンイノベーションプラットフォーム「One&Co」を活用。海外スタートアップが有するイノベーションテーマと国内の課題を組み合わせ、新たなソリューションを導出するという流れです。

今回、第1弾の共創企業となったのがCrown社。フードテック開発を担うCrown Digital Pte. Ltd.と喫茶事業を営むCrown Coffee Pte. Ltd.の2つの事業会社を傘下に持つシンガポールのスタートアップです。同社が開発するロボバリスタ「Ella」は、JR東日本の新たなサービスの創造につながると考えられ、2020年12月にJR東日本東南アジア事業開発(シンガポール現地法人)と資本業務提携を締結しています。


この記事の画像

「JR東日本、海外スタートアップとの共創活動を開始。第1弾はロボバリスタ」の画像1 「JR東日本、海外スタートアップとの共創活動を開始。第1弾はロボバリスタ」の画像2

当時の記事を読む

Techableの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「スタートアップ」に関する記事

「スタートアップ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「スタートアップ」の記事

次に読みたい「スタートアップ」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク