「onedog」、 愛犬の「ヘルスケアアプリ」へ全面リニューアル!

「onedog」、 愛犬の「ヘルスケアアプリ」へ全面リニューアル!
拡大する(全1枚)

株式会社dotDは、2018年12月に愛犬のお散歩アプリ「mean」をリリース。その後、2020年11月にブランディングアップデートを行い、サービス名を「onedog(ワンドッグ)」に変更しました。

そしてこのたび、「onedog」を大幅リニューアル。これまでのお散歩アプリとしての既存機能に新機能を加え、愛犬の「ヘルスケアアプリ」として生まれ変わったということです。

新機能をチェック

「onedog」、 愛犬の「ヘルスケアアプリ」へ全面リニュー...の画像はこちら >>
今回新しくなった「onedog」は、時間・距離・歩いたルートの記録やおさんぽ目標の設定、愛犬からのコメントといった「おさんぽ記録」機能はそのままに、新たに「ヘルスケア記録」機能を追加しました。これは、犬の健康状態、通院履歴、お世話などのヘルスケア記録を簡単に作成・管理でき、家族でシェアすることもできる機能です。

また、身体に異常があった場合の記録やブックマークした記録は、ホーム画面や一覧のタブにまとめて表示されるので、大切な記録に簡単にアクセスできるといいます。

徐々に拡充される機能

リリース当初の「mean」では、犬の散歩を記録することができ、その実績値をもとに「わんちゃんチャットボット」からコメントをもらう機能を実装。また、家族の誰かが散歩に行った記録をシェアできる機能や、近所の犬が散歩中かどうかわかる機能などもありました。

「onedog」へと名称を変更した際には、家族だけでなく飼い主同士がオンラインで交流できる「コミュニティ機能」を追加。同時に、iOS版だけだったアプリのAndroid版もリリースしました。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

Techableの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク