農業ロボットを開発するAGRIST、「Microsoft for Startups」に採択!

農業ロボットを開発するAGRIST、「Microsoft for Startups」に採択!
拡大する(全1枚)

AGRIST株式会社は、「100年先も続く持続可能な農業を実現する」というビジョンのもと、農家と共に自動収穫ロボットを開発中。高齢化や後継者不足などによる収穫の労働力不足の解決を目指しています。

このたび、同社はマイクロソフト コーポレーション(以下、マイクロソフト社)が提供する、スタートアップ支援プログラム「Microsoft for Startups」に採択されたことを発表しました。

農業用データのビックデータ化を目指す

農業ロボットを開発するAGRIST、「Microsoft f...の画像はこちら >>
「Microsoft for Startups」は、独自の革新的なテクニカルソリューションを持つスタートアップ支援プログラムで、140以上の国で展開されています。

採択企業は、年間約250万円相当または2年間で1,200万円相当のMicrosoft Azureの無料利用枠提供やエンタープライズレベルのテクニカルサポートのほか、技術面だけではなく、エンタープライズ企業への販売支援なども受けることが可能です。

採択企業となったAGRISTは、様々な地域に導入した自動収穫ロボットからデータを収集し、ロボットの精度向上を目指します。また、熟練した地元農家たちのノウハウをデータ化し、Microsoft Azureに情報を蓄積していくとのこと。気象条件の差が激しい日本のデータを活用し、各地域に最適な作物の生育環境を提案していきたいとしています。

さらに、作物などの画像をAIで解析してビッグデータ化することにより、農産物の収穫率を高めるOS「agriss」を開発し、世界中のエンジニアが自国から参画できる仕組みを作り、自国の食糧問題を自国のエンジニアが解決できるプラットフォームを実現したいとのことです。


当時の記事を読む

Techableの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ロボット」に関する記事

「ロボット」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ロボット」の記事

次に読みたい「ロボット」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク