AI音声自動応答システム「Terry」のSaaSモデルが登場!

AI音声自動応答システム「Terry」のSaaSモデルが登場!
拡大する(全1枚)

国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)発のベンチャーHmcomm株式会社は、AI音声自動応答システム「Terry」のSaaSモデルを開発しました。現在、十数社に対してβ版を提供し、機能のブラッシュアップと導入実証実験を実施中。

「音×AI」のソリューション

Hmcommは、産総研独自の音声処理技術を基盤とした要素技術の研究・開発、ソリューション・サービスの提供を行っています。主なサービスとして、機械や生物などの異常状態を音で検知するAI異音検知プラットフォーム「FAST-D」や、議事録の自動化・データ分析で会議を可視化するAI議事録自動作成システム「ZMEETING」などを展開中です。

今回取り上げるのは、AI音声自動応答システム「Terry」。自然言語処理でスムーズな音声認識と会話を実現するAIオペレーターが24時間365日電話受付業務を遂行します。電話の自動対応・テキスト化により業務効率化を図るとともに、機会損失防止や質の高い対応による顧客満足度向上に寄与します。

電話の自動応答では、多様なトークシナリオをUIで自由に設定可能。再生する音声をはじめ、DTMF入力、分岐条件、オペレーターへの転送、通話切断などを設定できます。また、日々の着信推移・着信の集中する時間といった稼働状況や自動応答の成功・失敗なども分析・可視化し、運用の最適化もサポートするようです。さらに、LINEやSlack、Salesforceなどとの連携で業務効率化を実現します。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

Techableの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク