大阪市立美術館「メトロポリタン美術館展」で、AIコミュニケーションロボットを活用!
拡大する(全2枚)

コロナ禍の美術館や博物館では、館内での注意事項や感染症拡大予防対策など、これまでよりも多くの情報を来館者に伝えなければならず、同時に非接触ニーズも満たす必要があります。

そこで大阪市立美術館は、2021年11月13日~2022年1月16日で開催している「メトロポリタン美術館展」において、公益財団法人大阪産業局が運営する大阪イノベーションハブ協力のもと、IGP ROBOTICS株式会社が提供するAIコミュニケーションロボット「Cruzr(クルーザー)」を活用し、さまざまな情報発信を行う実証実験を実施。来館者ニーズの把握や美術館内での行動分析などに取り組みます。

さまざまな情報をロボットで提供

大阪市立美術館「メトロポリタン美術館展」で、AIコミュニケー...の画像はこちら >>
同実験では、「Cruzr Standardモデル」を活用した「ROBOT MUSEUM GUIDE」サービスにより、館内での注意事項・作品情報・周辺観光情報などの情報を発信。先述の課題解決に加えて、作品の魅力発信や観光情報の提供による周辺地域の回遊性向上を目指します。

このたび実証フィールドとなる大阪市立美術館の「メトロポリタン美術館展」では、メトロポリタン美術館が所蔵するヨーロッパ絵画約2500点の中から選りすぐられた名画65点(うち46 点は日本初公開)を展示。フェルメール、モネ、ルノワール、ゴッホなど巨匠たちの傑作が時代順に3章構成で紹介されるようです。

「Cruzr」の性能と実績

大阪市立美術館「メトロポリタン美術館展」で、AIコミュニケーションロボットを活用!
今回活用するAIコミュニケーションロボット「Cruzr Standardモデル(UBTECH社製)」は、日本語での会話に加え、ダンス、動画、音声などのエンタメ機能を搭載しています。また、11.6インチのタッチパネル操作可能な画面を搭載しているのも特徴でしょう。


この記事の画像

「大阪市立美術館「メトロポリタン美術館展」で、AIコミュニケーションロボットを活用!」の画像1 「大阪市立美術館「メトロポリタン美術館展」で、AIコミュニケーションロボットを活用!」の画像2