1点限定、村上龍初のNFT!自身の小説を振り返る新作エッセイ、オークションで100万円~

株式会社幻冬舎は、NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」にて、村上龍氏初のNFT作品「『キクとハシ、その後。』村上龍」の発売を発表しました。

オークション形式で1点販売!

『キクとハシ、その後。』は、村上氏が野間文芸新人賞を受賞した長編小説『コインロッカー・ベイビーズ(1980年初版発行)』への思いを書き下ろした新作エッセイ。初版発行から42年、村上氏は今自身の名作をどう振り返るのか……。

同作品は、「Adam byGMO」にて1月22日(土)21時~29日(土)20時59分の期間、オークション形式で1点のみ販売します。オークション開始価格は100万円(税込)。イーサリアム(ETH)のほか日本円のクレジットカード決済および銀行振込での購入が可能です。

同NFTの所有者は、同エッセイの原稿を読むことができます(PDF/ePubファイル、約4100文字)。また、村上氏が執筆中の画面を一部収録したオリジナルムービー(mp4ファイル、57秒)も見られるとのことです。これらは、NFT購入後に「保有者限定コンテンツ」ボタンからデータをダウンロードできます。

なお、このNFTは「Adam byGMO」での二次流通も可能です。

「Adam byGMO」の特徴

今回NFT作品を販売する「Adam byGMO」は、GMOフィナンシャルホールディングス株式会社の連結会社であるGMOアダム株式会社が運営するNFTマーケットプレイス。2021年12月に英語版の提供も開始し、海外からのNFT購入・出品がスムーズに実行できるという特徴があります。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

Techableの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク