AI契約審査クラウド「GVA assist」、OCR対応でテキストデータのないPDFファイルも審査可能に

AI契約審査クラウド「GVA assist」、OCR対応でテキストデータのないPDFファイルも審査可能に
拡大する(全1枚)

GVA TECH株式会社(以下、GVA TECH)は、AI契約審査クラウド「GVA assist(ジーヴァアシスト)」がOCRに対応したことを発表しました。

OCR対応により、テキストデータのないPDFファイルの契約審査が可能になります。

契約審査の「読む・直す・仕上げる」負担を軽減

「GVA assist」は、契約審査の「読む」「直す」「仕上げる」負担を軽くするという、企業の法務担当者・弁護士向けの契約審査補助クラウド。

自社ひな型やGVA TECHが用意した理想のひな型と、審査する契約書との比較参照を通じて、条文の過不足やリスクを認識します。

修正時には、契約上の立場に応じた修正例と豊富な譲歩案を提示。条文検索機能を活用して、理想的な条文を検索することができます。

また、表記ゆれや条番号ずれをワンクリックで修正することも可能。引用条項の確認すべき箇所もワンクリックでハイライト表示します。

OCRでデータを文字起こし

これまでのGVA assistは、Wordファイル(doc形式・docx形式)またはテキストデータのあるPDFファイルに対応していました。

しかし、ユーザー企業から「取引先企業から紙の契約書や、テキストデータのないPDFファイルが送られてくることも少なくないので、OCRに対応してほしい」という声があがっていたといいます。

そこで、GVA TECHはユーザー企業の要望に応えるために、テキストデータのないPDFファイルに対応するOCR機能を実装。


編集部おすすめ

あわせて読みたい

Techableの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク