Luup、不動産開発のサンケイビルから資金調達。ポート拡大加速と不動産価値向上へ
拡大する(全2枚)

電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP」を展開する株式会社Luup(以下、Luup)は、フジサンケイグループの株式会社サンケイビル(以下、サンケイビル)より資金調達を実施しました。

全国のサンケイビルグループ物件にポートを拡大

Luupが目指す、短距離移動インフラの実現には不動産との連携が欠かせません。

そこでこのたび、オフィスビル・住宅・ホテルリゾートなどを手がけるサンケイビルからの資金調達を実施。サンケイビルグループが保有する物件へのポート設置を進める構えです。

現在、大阪市中央区の「本町サンケイビル」に10台分、東京都千代田区の「ルフォンプログレ千代田御茶ノ水」に5台分のポートを設置しています。

今後も全国のサンケイビルグループ物件にポートを設置し、「LUUP」の利便性向上と物件の不動産価値向上および街の活性化を目指すようです。

Luupが目指す“短距離移動インフラ”

Luupは、2020年5月に小型電動アシスト自転車のシェアサービスを都内6エリアの一部で開始。2021年4月には、新事業特例制度の認定を受け、実証実験としてヘルメット着用が任意となる電動キックボードのシェアサービスを開始しました。

Luup、不動産開発のサンケイビルから資金調達。ポート拡大加...の画像はこちら >>
将来的には、小型電動アシスト自転車と電動キックボードに加え、高齢者でも乗りやすい新しい電動モビリティ(3輪など)を開発・導入する方針。電動マイクロモビリティの普及によるCO2削減と、多くの人が安全・便利に移動できる持続可能な社会を目指します。


この記事の画像

「Luup、不動産開発のサンケイビルから資金調達。ポート拡大加速と不動産価値向上へ」の画像1 「Luup、不動産開発のサンケイビルから資金調達。ポート拡大加速と不動産価値向上へ」の画像2