アイドルのジャケ写やアート作品を打ち上げ! Space BDの宇宙エンタメ事業が気になる
拡大する(全3枚)

宇宙産業における総合的なサービスを展開するSpace BD株式会社(以下、Space BD)は、同社の宇宙利活用プロジェクト「スペースデリバリープロジェクト-RETURN TO EARTH-」第二弾の公式アンバサダーとして、グローバルボーイズグループJO1(ジェイオーワン)を起用することを発表しました。

国内外の研究対象品や記念品を宇宙空間へ

「スペースデリバリープロジェクト-RETURN TO EARTH-」は、宇宙空間に国内外から集めた記念品や研究対象品などを打ち上げ、対象品を国際宇宙ステーション「きぼう」の船外実験プラットフォームにて、約半年間曝露させた(宇宙空間に触れさせた)後、地球に帰還させるというプロジェクト。

主たる目的は、日本国内の学術機関の研究活用ですが、民間企業や教育機関などが制作する記念品などについても曝露・回収の対象としています。

アイドルのジャケ写やアート作品を打ち上げ! Space BD...の画像はこちら >>
同プロジェクトの第一弾では、民間企業や研究機関など計10組と協同。瞬間接着剤「アロンアルフア」の宇宙空間における耐久性を検証する装置や、学校名のロゴパネルを刻印したアルミ板、工業用ダイヤモンドなどの、研究用素材、写真、イラストを対象品に選定しました。

無人補給船「シグナス」運用17号機に搭載された対象品は、2022年2月20日(日本時間)に国際宇宙ステーションに向けて打ち上げられ、現在宇宙空間に曝露されています。

対象品は、2022年度中に地球へ帰還し、実証実験の検証や教育、企業のマーケティング活動などで活用される予定です。


この記事の画像

「アイドルのジャケ写やアート作品を打ち上げ! Space BDの宇宙エンタメ事業が気になる」の画像1 「アイドルのジャケ写やアート作品を打ち上げ! Space BDの宇宙エンタメ事業が気になる」の画像2 「アイドルのジャケ写やアート作品を打ち上げ! Space BDの宇宙エンタメ事業が気になる」の画像3