「バズっているから」だけになっていないか。HIKKY代表に聞く、企業のメタバース活用
拡大する(全3枚)

バズワードとして盛り上がりを見せる「メタバース」。

この数年で、さまざまな企業がメタバースを活用した事業に興味を持ち、参入してきました。しかしながら、その意味をよく理解しないまま、メタバース事業を始めているケースも少なくないようです。

今回は、VRイベント「バーチャルマーケット」の運営で豊富な実績を持ち、メタバースのアドバイザー・コンサルティングサービスも提供している株式会社HIKKY・CEOの舟越 靖氏に取材。企業がメタバースを活用する意味を改めて伺いました。

企業がメタバースを活用することの意味

「バズっているから」だけになっていないか。HIKKY代表に聞...の画像はこちら >>
――まず、御社の事業内容について、教えてください。

舟越:株式会社HIKKYは、メタバース事業やVR/AR領域における大型イベントの企画・制作・宣伝、パートナー企業との新規事業開発などを展開しています。創業したのは2018年ですが、2016年頃から、前身チームがVRを用いたマーケティングをおこなっていました。

VRイベントの「バーチャルマーケット」は、2018年から開催しています。

――メタバースという言葉がバズるずっと前から、注目していたのですね。

舟越:メタバースは、確かに新しいといわれますが、以前から研究を重ねられてきた領域です。しかし、事業ではなかなか活用されていない状況でした。数年前まで、VRと聞くとゲームをイメージする人が多かったのではないでしょうか。

企業が、VRを使って何かをするということ自体が、ほとんど考えられていなかったのです。


この記事の画像

「「バズっているから」だけになっていないか。HIKKY代表に聞く、企業のメタバース活用」の画像1 「「バズっているから」だけになっていないか。HIKKY代表に聞く、企業のメタバース活用」の画像2 「「バズっているから」だけになっていないか。HIKKY代表に聞く、企業のメタバース活用」の画像3