立乗りできる太タイヤの電動スクーター「SCROOSER」は充電4時間で航続距離55km

立乗りできる太タイヤの電動スクーター「SCROOSER」は充電4時間で航続距離55km
クリーンな移動手段、電動スクーター。その性能やデザインはどんどん進化している。

今回ドイツで開発されたのは、運転の喜びを真に追求した立乗りできる太タイヤの電動スクーター「SCROOSER」だ。

・充電4時間で航続距離55km、最高時速は25km

立乗りできる太タイヤの電動スクーター「SCROOSER」は充電4時間で航続距離55km
SCROOSERはエレガンスとシンプルさ、高品質の3つを柱に設計された。充電4時間で航続距離55km、最高時速は25㎞だ。

運転速度はスポーツ、コンフォート、エコ、そしてハンドの4つから選択する。バッテリーはフロアボードの下にあり、簡単に取り外して充電できる。

・自分でバランスをとりながら立ち乗りできる

立乗りできる太タイヤの電動スクーター「SCROOSER」は充電4時間で航続距離55km
運転は簡単だ。地面を押してインパルスドライブを作動させると、スムーズに最高速度まで加速。立ち乗りもできる。

乗り心地はユニークだ。 幅広いタイヤと低い重心により、ライダーは体重を使って操縦し、自分でバランスを取ることができるので、低速でも安定走行が可能。SCROOSERを平らな地面に立たせることもできる。

SCROOSERは設計開発、そして製造までをドイツで行っている。細部まで高品質につくられているため、メンテナンスは最小限だ。ヨーロッパの公道での走行が認められている。

価格は2900ユーロ(約36万4000円)。26カ国で購入できる。街中移動がもっとクリーンに楽しくなりそうだ。

SCROOSER

あわせて読みたい

Techableの記事をもっと見る 2019年4月14日のIT記事
「立乗りできる太タイヤの電動スクーター「SCROOSER」は充電4時間で航続距離55km」の みんなの反応 10
  • 匿名さん 通報

    こういう物は 日本で乗れるか乗れないかを記する事が常識。 そこら辺曖昧なら書くな。

    55
  • ガッチャン789 通報

    国外の製品は品質も、メンテナンス、修理部品の入手、在庫期間、が大切だと思います。

    5
  • 匿名さん 通報

    日本ではヘルメットして乗ることになる

    4
  • 匿名さん 通報

    これ中国で3万円で買えるやつのまんまですやん。現地では3万円で買えるものをちょろっとカスタマイズして10倍で売るとはポロいビジネスですね。

    2
  • 匿名さん 通報

    日本での公道使用は出来ないな

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。