アメリカ、中国の5G戦略に出遅れる!イギリスでもHuawaiに追い風

アメリカ、中国の5G戦略に出遅れる!イギリスでもHuawaiに追い風
動画やゲームを快適に楽しめるのみならず、クラウド上にあるパワフルなAIの判断を仰げる、数十億ものIoTデバイス間で瞬時に通信できるなど商用利用で特に威力を発揮する5G。どうやらこの領域でも中国優勢は揺るがないようだ。

アメリカ国防総省の顧問やシリコンバレーの指導者からなる委員会「Defense Innovation Board」 が発行した4月のレポートによれば、アメリカが5Gインフラやサービスの主要プレイヤーになれる可能性は今のところ低いとのこと。替わって先導的な役割を果たすのは中国だ。

・2020年までに商用5Gネットワークを確立

アメリカ、中国の5G戦略に出遅れる!イギリスでもHuawaiに追い風
中国は5Gの導入に過去5年間で1800億ドル(約20兆円)の設備投資をおこなっており、約35万基の5G対応基地局を設置している。対してアメリカでの基地局設置は進んでおらず、中国に10倍近く差をつけられている状況だ。

また中国は、2020年までに商用5Gネットワークを確立することを計画していて、2025年を目標とするアメリカやその他競合よりも数年先を行っている。

さらに中国の通信大手Huaweiは、すでに7万基の基地局を中国以外の海外で受注済み。ヨーロッパ、中東、アジア、アフリカで5G機器販売の契約を推し進める。

・イギリスは5Gインフラの一部にHuaweiを採用

最大級のゲームチェンジャーとなり得る5G領域で中国が覇権を握ることへの懸念はあり、Huaweiがアメリカを中心とした海外市場から締め出しを食らっているのはご存知だろう。ただ、建前となっているセキュリティリスクに関しての裏付けはまだ見つかっていない。


あわせて読みたい

Techableの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年5月6日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。