トヨタのPrius Prime2020年モデルはCarPlayとAlexaに対応

トヨタのPrius Prime2020年モデルはCarPlayとAlexaに対応
米国トヨタは、大幅にグレードアップしたPrius Prime2020年モデルを発表した。燃費の良さはそのままに、AppleCarPlayAmazonのAlexaに対応し、ドライブ中でもディスプレイや音声でスマホ操作ができる。

今夏の発売を予定していて、価格は2万7600ドル(約307万円)~となっている。

・運転中の端末操作を安全に

iPhoneユーザーにとってCarPlay搭載は大きな魅力となる。iPhoneをつなげるだけで、目的地までのルートを調べたり、電話をかけたり、音楽を選んだりといった操作が車載ディスプレイでできる。

車を運転する読者の多くは経験があるかと思うが、ハンドルを握りながらのスマホ操作は危険を伴う。そのリスクをディスプレイ操作なら減らせる。音声操作なら物理的に手を動かす必要がないので、安全度はさらにアップしそうだ。

また今回、エンターテイメントとしてシリウスXMラジオも導入される。

・後部座席にUSBポート

その他には、後部に5つめの座席が設けられる。また後部座席用に2つのUSBポート(2.1A)が設置され、ドライブ中も容易に端末用の電源を確保できるようになった。

メーカー希望小売価格はLEグレードが2万7600ドル、XLEグレードが2万9500ドル(約330万円)、リミテッドグレードが3万3500ドル(約370万円)となっている。

Toyota

あわせて読みたい

Techableの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「スマートスピーカー」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートスピーカー」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年5月6日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。