【南米発!Breaking News】ナイフの刃を3年間頭の中に残していた男性、ようやく痛みから解放される。(ブラジル)

ブラジルに、3年前に頭をナイフで刺され、その刃を頭の中に残したまま過ごしてきた男性がいる。今年になって彼はようやく手術を受け、刃を頭から摘出することができた。

この男性は3年前、仕事帰りに立ち寄ったバーでギャングの一員と喧嘩になり、その際、頭をナイフで深く突き刺されてしまった。
幸い、男性の命に別状はなかった。だが頭部に突き刺されたナイフは簡単に抜けず、かろうじて柄の部分だけが医師によって取り除かれたという。深く刺さった約10cmの刃は、無理に取り出そうとすると脳を傷つける危険性が非常に高いということで、頭の中に残されたままとなってしまった。

だが今年になって、その刃が原因とみられる頭痛の余りのひどさに耐えかねた彼は、とうとう摘出手術を決意した。手術は、ブラジル北東部の都市レシフェの病院で行われることとなった。その際まず頭部のレントゲン写真が撮影されたのだが、前頭部から内部にかけて深々と刺さったナイフの刃が写真上でもはっきり確認されたという。3時間に及ぶ手術の後、刃は無事に男性の頭の中から取り出された。

手術後の経過は良好で、頭痛からも解放された男性は今週中には退院できるとみられている。
(TechinsightJapan編集部 椎名智深)
TechinsightJapanの記事をもっと見る 2010年9月28日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。