【エンタがビタミン♪】狂犬・加藤も感心。古田新太の“ブレない”あまのじゃくっぷり。

       
絶大な人気を誇り、チケットの入手が非常に困難とされる劇団☆新感線。その看板役者であり、テレビや映画にも引っ張りだこの人気俳優、古田新太。役でみせる存在感同様に、やはりその素顔もクセのあるもので、一筋縄ではいかないあまのじゃくな男だった。

「心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU」(日本テレビ系)に出演した古田は携帯電話を持たないなど、自身のルールや強いこだわりを明かした。
キャラクター的にはマイペースで時間にもルーズそうなイメージだが、意外にも集合時間は15分前を厳守。万が一の心配もなく、早すぎることもなく、15分前到着がベストなのだそうだ。「遅刻するくらいなら早めに行って迷惑をかける」人間だというが、学生時代にも学校に早く行っていたずらを仕掛けるようなタイプだった。

長ランやボンタンなど制服の改造が流行ったときも長ランを着るのではなく長ラン並に大きなサイズの制服を着ていく。体型より明らかに大きいがあくまで定型の制服である。後ろの髪が襟のカラーにかかってはいけない校則に対しては前髪ならいいだろうと前髪を伸ばして後ろに流した。そうやって校則の裏をかくのが好きだった古田は「ルールがあるならいい方向でやぶりたい」と語る。“いい意味で型にハマらない”スタイルは、役者としての姿勢にも表れていた。

役作りはせず、台本はあえて棒読みで覚える。素直な解釈もしない。現場で実際に相手とやりあいながら作っていくのが古田のやり方。そのため、他の役者に作られてきたものを見せられるのも嫌だという。大物や先輩役者相手でも姿勢は変わらず、完璧に作りこんできた決め打ちの芝居を見せられても古田はわざとわかってないふりをするというのだ。予定調和にそのまま合わせるようなことはしないのである。勝手に作りこんで想定してきたものをこっちにも強要させるなということなのだろう。

あわせて読みたい

古田新太のプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「野村周平」のニュース

次に読みたい関連記事「野村周平」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「北村一輝」のニュース

次に読みたい関連記事「北村一輝」のニュースをもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年9月29日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 古田新太 ドラマ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。