【アフリカ発!Breaking News】8歳でも麻薬を入手できる国。ドラッグ使用の少年の告白。(南ア)

少年たちのドラッグ入手経路を調査していくと、ある少年の祖母に行き当たった。なんと祖母の生活を支えていたのはドラッグだったのだ。

事件が発覚したのは9月23日。南アフリカのテンビサ(Tembisa)という地区で8~13歳の少年6人がドラッグを使用していたところを先生に発見された。6人は同じ学校に通うある少年からドラッグを買っていたと告白、その少年にも聞いたところ彼も事実を認め、ドラッグは祖母の家から盗んだものであることがわかった。

警察が少年の祖母(56)宅へ行くと、ダッハ(dagga:大麻)と呼ばれるドラッグが詰まった大きなゴミ袋を2つ発見、逮捕となった。

祖母は「自分も夫も失業しているのでダッハを売って生活費を稼いでいた」ことを自供した。また、その孫であるドラッグを売っていた少年は、祖母のドラッグを盗んで使用したり、違う種類のドラッグを買うために売ったりしていたこともわかった。

南アフリカでは8歳の少年ですらドラッグを簡単に入手できる。そしてその理由は、子供の将来を正しい方向へ導くはずの大人が原因であることがわかる。
(TechinsightJapan編集部 近藤仁美)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2010年9月29日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。