【EU発!Breaking News】「飴と思った」。睡眠薬を服用した13人の幼稚園児、病院へ搬送。(仏)

子供は何をするかわからないというのは本当だ。1人の児童が幼稚園に睡眠薬を持ってきて、おやつの飴の感覚で、みんなに配り、その薬を飲んだ子供達が病院に緊急搬送されるという信じ難い事件がパリで起こった。

薬を服用した3歳から5歳の13人の幼稚園生達は、直後具合が悪くなり、緊急入院。吐き気とめまいを訴えていたが、命に別状はないということで、保護者達は胸をなで下ろしている。たとえ、本人に悪気がなくても、睡眠薬を大量服用した子供がいたら死亡していたかもしれない。考えただけでも恐ろしい。

「薬は子供の手の届かない所に保管する」は当然のことである。そして薬とは本来、症状に合わせて規定量を飲むことで初めて作用が期待できるものである。一体どうやって、保護者の目を盗んで、この子供が大人用の睡眠薬を幼稚園に持参することができたのか謎である。

フランスの幼稚園は基本的に、大人の目が届きやすいように子供10人から15人に対して先生1人というのが主流になっており、事件は先生が目を離した隙に起こった出来事なのか、それともこの児童が友達に配っている所を目撃しておきながら、先生も飴と思い、その場で追及しなかったのかも疑問に残る。

子供の世界で起こった事件だが、これは大人の「大丈夫だろう」という油断が引き起こした出来事とも言える。今回の事件をきっかけに、大人が周囲の子供達のためにもっと薬や危険物に慎重になるよう、心がけなければならないだろう。
(TechinsightJapan編集部 福山葉月)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2010年9月29日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。