【海外仰天ニュース】太陽系外に地球型惑星「Gliese 581g」発見

あなたの子孫が、宇宙人と初めて出会う場所は、この惑星になるかもしれない。水が液体で存在し得る地球型惑星「Gliese 581g」 が発見された。今回の驚くべき発見をしたのは、カリフォルニア大学の天文学者たち。地球から20光年離れた場所にあるこの惑星は、生命が存在する「第二の地球」になる可能性があるという。

「私は生物学者ではないよ。」

このように前置きをしつつも、地球外生命への期待を隠し切れないスティーブン教授。彼の11年に渡る観測から得られた結果は、驚くほど地球に近い惑星の姿だった。これまで観測されてきた太陽系外にある惑星のうち、もっとも地球によく似たものであるという。

天の川にある第二の地球「Gliese 581g」。この惑星を特徴付けるのは、「生命居住可能領域」に位置することである。生命居住可能領域とは、生命の存在に必要な水が液体の形で存在することが可能な温度を維持できる領域を指している。

水は恒星からの距離が、近くても、遠くても、液体の形で存在することはできない。この点において「Gliese 581g」は、地球が太陽から適度な距離にあるのと同様に、恒星から適度な距離に位置しているのである。

また「Gliese 581g」は、その大きさや表面の組成、そして重力の大きさも地球と類似している。惑星の直径は、地球の1.2から1.4倍と大きさもほぼ同じサイズ。また重力も、地球と同じか若干大きい程度のようだ。表面は地球と同様に、岩石を含む組成を有していると考えられている。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2010年9月30日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。