ブロガーが万が一亡くなったときにメッセージを残せるウェブサービス「ウィログ」提供開始

毎日のように更新されていたブログやSNSが突然音沙汰がなくなると、普通は「あぁ忙しいんだなぁ」と思うが、あまりにも音沙汰がないと死亡説が流れることがある。
単にブログに飽きちゃっただけかもしれないが、実は本当に亡くなったのかもしれない。
しかし、ブログは閉鎖しない限りずっと残り続ける。そんなときに、知人友人にきちんと挨拶のメッセージを残せるサービスが「ウィログ」である。

サービス名の「ウィログ」は Will(遺志)+ Log(ログ、記録)からの造語である。

多くの無料ブログサービスでは、利用者が亡くなった後もそのブログが残り続ける。

ブログを運営していて「もし事故で明日死んじゃったらどうなるんだろう」「最期にひとこと言い残したいんだけどなあ」と思ったときに、ウィログを使えば、残された人々にお別れのことば、感謝の気持ち、言いたかったことなどをブログパーツを通じて伝えることができる。

登録ユーザは自分の死後に公開されるページを作ることができる。

ユーザの死亡は、次の条件をすべて満たしているかどうかで判別する。

・ブログやTwitterの更新が一定期間無い(3件までのブログ等を登録可)
・ウィログへのログインも一定期間無い
・更新が無い場合に送られる確認メールに対しても応答が無い

ウィログが提供するブログパーツは、ユーザが亡くなると作っておいたページへのリンクとなる。これをブログに貼り付けておくと、ユーザが亡くなったことを訪れた人に知らせることができる。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2010年10月15日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。