【中東発!Breaking News】パイロットが飛行中に心臓発作で死亡も、無事目的地に到着。(カタール)

カタール航空のパイロットが、離陸後しばらくして心臓発作を起こし死亡するというハプニングが発生した。

死亡したのは、カタール航空に勤めて5年になる43歳のインド人パイロットであった。
彼はマニラ発ドーハ行きのカタール航空645便を運転中、出発地マニラを出てしばらくすると心臓発作に見舞われ、その後すぐに死亡した。
だが幸い、同乗していた他のパイロットがすぐに舵をとり、大事には到らずに済んだ。
パニックが起こることを想定してか、乗客には当初、パイロットの死は伝えられなかったという。

飛行機はその後、マレーシアの首都クアラルンプールに一旦立ち寄り、新たなパイロットを乗せ再出発した。
結果的に4時間半の遅れが生じたが、飛行機は最終的に、目的地であるカタールの首都・ドーハに無事到着したという。

パイロットとその家族には気の毒な出来事であり、乗客と従業員にとっては大変なハプニングであったが、大きな事故が発生することなく飛行機が無事目的地に到着することが出来たのは何よりである。
(TechinsightJapan編集部 椎名智深)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2010年10月16日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。