【アフリカ発!Breaking News】”海賊の方が儲かる”ソマリア。奇跡的に助かった船長が海賊襲撃体験談を公開。(南ア)

世界中が被害を受けているソマリアの海賊。10月26日に南アフリカのヨットが襲われ、船長は無事保護されたが船員2名が誘拐。11月15日、船長がその経験を語った。

船長のピーター・エルドリッジさんと、共にヨットに乗っていたカップルの2人はタンザニアのダラエスサラームから南アフリカへ向かっていた。海賊に襲われたのは10月26日ケニア沖、海賊はすべて男で年齢は15~50歳とばらけていた。

海賊はお金を要求し、カップルの2人が家族のためにと持っていたお金を奪った。海賊はさらにお金を要求したが、ヨットにはお金がない・・・海賊はエルドリッジさんたちが白人だったためイギリス人だと思ったようだ。エルドリッジさんたちは南アフリカのパスポートを見せた。

エルドリッジさんは、「自分にとってヨットはすべてだった」のでヨットから出ることを拒否すると、海賊は殴りかかってきて銃を発砲したが、幸いにも銃弾は当たらなかった。

海賊たちと争っているうちに船は座礁、それを見たフランスの戦艦が助けようと近づいてきた。実は襲撃前、エルドリッジさんは海賊が自分たちのヨットをつけてきているのを見て、救難信号(メーデー)を巡回していたフランス戦艦に送っていたのだ。

海賊はフランス戦艦にロケット弾を発射、それに対抗して戦艦も銃撃、海賊はカップルの2人を誘拐して逃走、エルドリッジさんは11月7日に無事保護された。フランス戦艦がいなければ今頃自分は死んでいたかもしれないと、エルドリッジさんはそのときの恐怖を忘れられないでいる。海賊と南アフリカ外務省関係との身代金に関する話し合いはまだ行われていないそうだ。
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年11月19日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。