【イタすぎるセレブ達】激ヤセのケリー・オズボーン、雑誌表紙をビキニで飾る。

【イタすぎるセレブ達】激ヤセのケリー・オズボーン、雑誌表紙をビキニで飾る。
ここ3年で20キロの減量に成功し、現在は51キロ。『Shape』誌12月号の表紙を堂々ビキニで飾ったケリー・オズボーン。
奇行で有名なロックンローラーのオジー・オズボーンを父に持ち、リアリティ番組で人気を博したタレントのケリー・オズボーン(26)。子ブタちゃんのように可愛かったケリーが、今ではこんなにも痩せてキレイ。ダイエット成功の秘訣とは…。

ケリーは今年7月、婚約までしていた交際2年のイケメン・モデル、ルーク・ウォラル(20)に浮気が発覚して涙の破局。案の定、9月には激ヤセぶりが話題になり、現在の体重は51キロ。『Shape』誌12月号の表紙を堂々ビキニで飾った。

13歳で鎮痛剤に手を出し、過去にアルコールとドラッグ中毒で幾度もリハビリ入りを経験しているケリー。不健康そうな顔色で、それなりに痩せていた時期もあった。だが昨年2月に4度目のリハビリ生活を終えると、さすがに薬に手を出さなくなった代わりにヤケ食いが始まり、いきなりまた太ってしまったそうだ。

ところが昨年、人気番組の “Dancing with the Stars” に出場し、ペアを組んだダンサーのルイ・ヴァン・アムステルにターキー・バーガーとサラダを食べるよう勧められ、このことが彼女にとっての大きな転換期となったという。

「基本的に高タンパク、低炭水化物の食事を心掛けるよう教えてくれたの。ダイエットにつきものの栄養不足や体力の低下なんて全然なかった。この期間で10キロくらい痩せたわ。」

どんどん体が引き締まって行くケリーに、トレーナーは以前ではとても考えられないようなキュートなコスチュームを選んでくれた。「自惚れに聞こえるかも知れないけれど、やっぱり自信がついてきた。自分の外見への嫌悪感なんてもうないわ」とケリーは胸を張って話した。

カロリー云々ではない。全粒粉パンに挟まれたサンドイッチなら、白米のおにぎりを食べるよりも、太りやすい体質を改善し、糖尿病の予防やコントロールに効果がある。飽食の時代だからこそ、血糖値の変動をいかに緩やかにするかが重要になっている。

4人に1人が糖尿病予備軍と言われ、白い米、うどん、小麦粉を使ったパン、餅などを主食として好んで食べている日本人を尻目に、そのような理由で白い炭水化物食品の摂取を抑えている女性セレブは多い。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年11月19日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。