【イタすぎるセレブ達・番外編】英ウィリアム王子がケイト・ミドルトンさんに夢中になった、その意外な理由。

故ダイアナ元妃のものであった、ダイヤで囲まれた大きなサファイアの指輪を左手薬指に微笑む美しい婚約者、ケイト・ミドルトンさん(28)と優しそうなウィリアム王子(28)。2人の挙式の日取りと場所が決定した。民間人の王室入りに心配する声もあるが、ウィリアム王子は「絶対に彼女でなければイヤだった」という。その理由は…。

このようなおめでたい話を、【イタすぎるセレブ達】のコラムが扱うのはおこがましい話なのだが、日取りの決定に少々のプラスアルファを加えてお伝えしたい。

式は2人の希望に沿い、来春4月29日に決定。ひいおばあちゃまの故エリザベス皇太后様、おばあちゃまのエリザベス女王様も結婚式を挙げ、また残念ながらお母様の故ダイアナ元妃の葬儀が行われた、ロンドンのウェストミンスター寺院にて挙げるという。

プラスアルファというのはここから。
その1 イギリス政府はこの日を国民の祝日とすることを決めた。

その2 挙式費用は折半。つまり深刻さを増す財政赤字、王室費の窮迫を理由にミドルトン家も費用を負担し、派手婚を避ける。ただしセキュリティに関する費用は王室費から。

その3 民間人であるミドルトンさんの、どこにそんなに惚れこんでしまった? モデルさながらのナイスバディとファッション感覚? ノー。そのような女性なら彼の周りにはいくらでもいた。ミドルトンさんは違うセンスが光っていたようだ。

彼は最近のテレビ・インタビューにおいて、2001年にミドルトンさんと出会ったスコットランドにあるセント・アンドルース大学で過ごした日々を、このように語っている。

「最初は友達だったけれど、彼女といると会話がとても弾むんだ。彼女はユーモアのセンスがあって、キワドイ冗談なんかも飛ばして爆笑させてくれる。僕はそういうセンスに欠けているから、とにかく一緒にいると楽しくて、どんどん惹かれて行ったよ。」
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年11月25日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。