【米国発!Breaking News】44%から73%へ。HIV感染症のリスクが減る治療薬発見。

12月1日の世界エイズデーを前に、カリフォルニア大学でHIV感染症のリスクが減る方法が発見された。

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)は人の免疫細胞に感染して免疫細胞を破壊し、最終的にAIDS(後天性免疫不全症候群)を発症させるウイルスで、主に性行為や出産時の母子間などで感染が見られる。

この方法を発見したのは同大学グラッドストーン研究所のグラント博士ら。研究によるとHIV感染症の治療薬であるツルバダを1日1回服用することで、HIV感染のリスクを44パーセントから73パーセント下げられることが出来るという。昨年9月には感染リスクを30パーセント下げるワクチンが開発され、今年の7月には女性の感染を防ぐという殺菌ジェルも発表されており、今後のHIV感染の拡大を防ぐと期待されている。
(TechinsightJapan編集部 CHIKAKO)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2010年11月29日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。