【米国発!Breaking News】テロ対策とはいえ・・・。「ストリップ検査」に対抗。”X線遮断下着”に注文殺到。

アメリカ各地の空港で全身スキャナーの設置が進んでいる。そんな中、女性の間でX線を通さない下着が飛ぶように売れているという。

下着を販売しているのは、過去にX線装置のデザインをしていたジェフ・ブスケさん。この下着にはレントゲンを遮断する素材が股間や乳首の部分についていて、スキャナーで透視されることはないという。

全身スキャナーの設置は、アルカイダが約10年間使っているPENTと呼ばれる爆薬を探知する為のもの。乗客がブースに入ると衣服の下まで透視できる「ストリップ検査」に対抗してこの下着の購入率が上がっているというわけだ。「乗客の裸同然の画像を撮るなんてプライバシーの侵害だ」という声も高い中、この装置の設置に対し、米政府も国民に理解を求めている。
(TechinsightJapan編集部 CHIKAKO)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2010年11月30日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

「アルカイダ + 映画」のおすすめ記事

「アルカイダ + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。