【エンタがビタミン♪】50代半ばで独身の浅田美代子が、“孤独死”が恐くてやめられないこと。

「ババァ・グータン面白かった。」「録画しておけば良かった。」web上でも大好評だったのが12月15日放送『ザ・プレミアムグータン』(フジテレビ系)での、夏木マリ(58)、浅田美代子(54)、萬田久子(52)らの“キレイだけど、おばさん丸出し”トークである。

キャスティングを見ると浅田美代子だけ路線が違うように感じるが、実は他の二人とプライベートで食事やお酒を共にしたことがあるのは、浅田だけ。夏木マリと萬田久子は知り合い程度の間柄であった。

職業柄、外見は年齢より若くキレイだがやはり肉体的な衰えは隠せない。みなさん老眼のため、食事のメニューを見るにも苦労していた。仕方なく浅田が老眼鏡をかけながら、「私もともと老眼だから。」と言った後「間違えた、遠視だ。」とブツブツ。中年以降の女性の特徴なのか。とにかく人の話を聞かないで、お互いに喋る喋る。画面にテロップが出ないと、言葉が重なって聞き取れない時が多々ある。店員さんがメニューの説明をしても聞いてないから、「えっ!? ナニ豚?」とそれぞれ同じことを何度も聞く。大変な騒ぎである。
夏木マリと萬田久子は婚姻届を出していない、“事実婚”という形でパートナーと共同生活を送っている。
しかし離婚後、一人暮らしを続けている浅田美代子は、やはり“孤独死”の心配をしている。「仕事を辞めないのは、無断で仕事を休んだり旅行の予定が無いのに音信不通になったら、事務所が私の様子を見に来てくれるから。」と真剣に浅田は語る。萬田でさえ、別々で寝ていて死んでたら大変だから同じ部屋で寝ているという。50歳を過ぎると、“もう人生の時間が無い”“死が現実的”だと何度も言い合っていた三人。

夏木マリは相変わらずカッコイイし、萬田久子はオシャレで、浅田美代子は天然キャラで独走している。しかし各々が一方的に喋り続け、異様に盛り上がっている様は普通のおばさん達と何ら変わらない。ため息が出たが、三人とも本当に楽しそうであったのが何故か微笑ましかった。
(TechinsightJapan編集部 みやび)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 夏木マリ Instagram
  2. 夏木マリ ワンピース
夏木マリのプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る 2010年12月18日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「夏木マリ + ワンピース」のおすすめ記事

「夏木マリ + ワンピース」のおすすめ記事をもっと見る

「夏木マリ + Instagram」のおすすめ記事

「夏木マリ + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「新川優愛」のニュース

次に読みたい関連記事「新川優愛」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。