【アジア発!Breaking News】「大人になったら探しに行く!」人妻は少年にも魅力なのか。中3と関係を持った29歳の人妻を起訴。

人妻には人妻にしかない魅力があるようで、世の中には、人妻をテーマとしたビデオやサイト、夜のお店があったりする。人妻の魅力とは一体何なのだろう。

台湾屏東県で、29歳の既婚の女が、夫が軍人で島に駐在している寂しさに耐え切れず、昨年9月、同じ村に住む16歳未満の中学3年生の少年と性的行為を持った。事を知った夫が婚姻生活を妨害したとして妻を訴えていたが、この度、女が風紀をみだし、倫理に反したことが認められ、懲役1年2ヶ月が申し渡された。検察と警察の調べでは、同じ村に住む女と少年は昨年9月、少年の父親が刑務所に入る前に友人が開いたお別れ会で酒を飲んでいる間に打ち解け、3ヶ月の間に、女の家、モーテル、少年の家において3回に渡り性行為が行われたという。

少年の家族は「女に利用された」と憤慨する。父親の服役後、家族は女がよく少年を訪ねてくるのに気付いていた。女はよく酒を飲んでいたため、評判が悪かったようだ。少年の口から二人の関係を聞いた家族はすぐに対処、村の年長者たちが奔走し、付き合いを止めさせたという。知らせを受けた女の夫が女を訴え、離婚を要求した。検察は女が16歳未満の少年と性行為を行ったことは法に反するとして、別件起訴している。

女と元夫は2006年に結婚し、3歳になるこどもがいる。夫は服役中で、美容関係の仕事に就いていた女は酒癖が悪かった。今年初め、離婚が成立すると女は行方をくらまし、こどもは親友に引き取られているという。また、少年は「大人になったら彼女を探す」と話しており、家族は少年を県外の学校に入れて、古い恋心の再発を防いでいる。

台湾ではこれまでにも何件か、大人の女が少年を誘惑するという事件が起きており、ここでも伝えた。その中で記者は、大人がきちんとこどもを導くべきだという立場で記事を書いてきたが、心のどこかでは、それでも好きになってしまったなら仕方がないのではないか、という思いがあったように思う。しかし、今回は違う。きっかけは酒。こどもを置いて行方をくらます。どこまで無責任になれば気が済むのか。すでに人妻ではなくなったただの女を少年はいつまで想い続けるだろうか。
(TechinsightJapan編集部 片倉愛)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2010年12月22日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。