【米国発!Breaking News】「殺し屋メール」横行。司法機関が捜査へ。(カリフォルニア州)

サンバーナディーノ郡保安局は、「ヒットマン(殺し屋)スキャム」と呼ばれる迷惑メールの受信件数が同郡住民の間で増加していることを重く見て捜査に乗り出した。また、受け取っても返信しないよう警告している。KTLAニュースが22日伝えた。

メールは、(受信者の)身近な人物から(受信者を)殺害するよう依頼を受けたが、金を払えば考え直すというような内容。金額の幅は2~300ドルから数千ドルまで様々。また、警察に通報すると家族の身に危険が及ぶと脅している。

このスキャムメールは今回が初めてではなく、FBIの捜査資料によると2006年12月から2、3年間出回り、終息した。配信先は海外で、モスクワからのものが多いという。FBIでは新手のスパムメールとして既に捜査に着手している。

当局は「迷惑メールではあるが、内容が命を脅かすものであることから軽く考えてはいない。こうしたメールは個人情報を奪取する目的で配信されることが多いため、とにかく返信せず削除すること」、ただし、中身をよく読んで、受信者の名前、家族の名前、電話番号など個人を特定できる情報が含まれている場合は、地元警察へ届け出るよう呼びかけている。
(TechinsightJapan編集部 あきながまさこ)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2010年12月24日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。