【アフリカ発!Breaking News】7年間の闘いの末に勝ち取った権利。新児童法でゲイカップルに子供が授かる。(南ア)

ヨハネスブルグのゲイカップルが、来年の今頃には自分たちの子供を腕に抱いていることになる。新しい児童法によって7年前からの夢がようやくかなう。

12月22日、ヨハネスブルグ最高裁は、32歳の女性にゲイカップルの子供を産んでもらうことを認めた。さらにこの女性が出産後、子供に対する親権や義務を全て放棄することも言い渡された。これは2010年4月に発効された新しい児童法に則ったものだ。しかし、今回のような判決は、胎児が代理人に譲渡される前に下されていない場合は無効となる。

カップルは2003年に子供を作ろうと不妊治療等を行うクリニックへ行ったが、クリニックはゲイカップルであることに難色を示した。さらに待合室でも白い目で見られて辛い思いをしたそうだ。彼らはヨハネスブルグ北部にある高級住宅街に住んでおり、今回の裁判で勝ち取った喜びを「たっぷりの愛情と安定した家庭、最高の教育と、道徳を与える」と語り、未来の家族設計に夢を持っている。

カップルは、子供が生物学的に自分たちの遺伝子を持っていることが望ましいということで、男性の妹の卵子ともう1人の男性の精子とを受精させ、32歳の女性の子宮へ着床させて代理出産を行う予定だ。

この新児童法の条項には、ゲイカップルの代理母としての権限を最大限に守ってくれる一方、代理出産を斡旋する機関が閉鎖したり、ドナー斡旋機関へ変更したりしなければならなくなった。これは、赤ちゃんが産まれるまでの費用に関して条項が変更されたためだ。以前は斡旋会社を通じて、5万ランド(約61万円)までを報酬として代理母に払っていた。しかし、今後は代理母は報酬をもらうことができず、その代わりに妊娠中の検診に出産後の赤ちゃんの検診、薬、出産時費用、セラピーなど出産に関わる全ての費用を、依頼側が払うよう改編された。これでは代理出産する側は、「労多くして功少なし」というところだろう。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2010年12月27日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。