【米国発!Breaking News】悪名高き?バイクチームが子供相手にチャリティイベント!アメリカのクリスマスはやっぱり凄かった!

アメリカのクリスマスはとても盛大だ。そのクリスマスを貧困で楽しめない貧しい人たちを対象に、恒例のイベントが各地で行われた。今回はそのうちの二つをご紹介しよう。

クリスマス前の23日、ロサンゼルスのダウンタウンで、赤い服を着た男性からホームレスら数千人に10ドルが手渡された。この訪問は毎年恒例となっていて、行列ができていたという。お金を渡した69歳の男性は30年にわたり、スキッド・ロウ地区のホームレスに毎年2万ドルを自己負担しているのだという。この男性の名前は公表されていない。

また、クリスマス当日の午前7時、サンディエゴのナショナルシティで貧しい子供たちを対象に自転車のプレゼントが行われた。こちらもやはり毎年恒例となっているが、このイベントを主催しているのは、なんとハーレーバイクのチーム、ブースファイターだ。バイクのチームと聞くと悪い印象があると思うが、彼らは毎年チャリティで300台ほどの子供用自転車を貧しい子供たちに寄付している。記者もたまたまその場に居合わせたのだが、いかつい髭をはやしたバイカーが、にこやかに子供たちに自転車を渡す姿はとても微笑ましい光景だった。
(TechinsightJapan編集部 CHIKAKO)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2010年12月30日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。