【EU発!Breaking News】生食用のひき肉を食べた家族、食中毒になり病院に搬送される。(独)

ドイツ西部の街Rhedeに住む家族が先月初め、生食用のひき肉が原因と思われる食中毒で病院に搬送された。

ドイツには、Mettと呼ばれる生食用の豚のひき肉がある。これはパテのようにパンに塗り、付け合わせの生の玉ねぎと共に食べるのが一般的だ。
先月始め、このMettを食べた家族の6人が病院に搬送され、そのうちの73歳の男性が先月中旬に死亡した。また、2歳の女児も何日かの入院生活を余儀なくされたという。

これら一連の原因は、ひき肉に含まれていたサルモネラ菌と見られている。そのため被害にあった家族は、ひき肉を販売していたスーパーを訴えているが、本当にこのひき肉によるサルモネラ菌によって引き起こされた食中毒であるかは、目下捜査中である。
(TechinsightJapan編集部 椎名智深)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年1月15日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。