【イタすぎるセレブ達・番外編】今年の “ミス・アメリカ”、チョイ美人な17歳高校生が優勝したワケは…?

【イタすぎるセレブ達・番外編】今年の “ミス・アメリカ”、チョイ美人な17歳高校生が優勝したワケは…?
2011年の「Miss America」は、ネブラスカ州代表のテレサ・スキャンランさん(写真左)が優勝。画像:lasvegassun.comより。
ラスベガスで15日、2011年の「Miss America」を決めるコンテストの本選が開催され、ネブラスカ州代表のテレサ・スキャンランさん(写真左)が優勝。際立って美しいとは言い難かった彼女が、歴代最年少の17歳にして栄冠に輝いたワケは…?

得意のピアノの演奏を披露し、演説のテーマには摂食障害を選び、将来は、裁判官を経て正義、高潔、誠実さをモットーにした政治家になりたいと語ったスキャンランさん。400万円ちょっとの優勝賞金も「大学で法律をしたいので、その学費に充てます」と、勤勉な高校生そのものである。

だが下唇を広げて話し、ニカッと笑う顔の大きなスキャンランさんは “美貌” という点ではいわゆる平均値。各州での予選を勝ち抜いた50名を超すミスたちの間で、優勝の本命と言われていたのは、この写真にはいないがアーカンソー州代表のアリス・イーディさんであった。 だが、スキャンランさんがイーディさんを確実に越えたと思われたのは、実はココではないかと言われている。

昨年11月29日から、外交公電や世界の重要軍事施設といった情報が示された米国政府の機密文書が、ウィキ・リークスにて公開されてしまった件について、スキャンランさんは自分の意見をしっかりと述べたのだ。

“あれはまさに、スパイ活動と呼ぶべき状況です。この国に暮らす人々を守るためにも、国家機密を管理する側のセキュリティの強化は、最優先課題と言えるでしょう。総力をあげてこれに取り組んで頂きたいものです。安全な暮らしに勝るものはありません。人々の「知る権利」はその次で結構だと私は考えています。あのようなアクシデントを2度と繰り返してはなりません。機密文書は適正に管理されることが極めて大切です。”

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年1月18日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。