【イタすぎるセレブ達・番外編】ジョージ・クルーニー、スーダン共和国でマラリアに感染。

【イタすぎるセレブ達・番外編】ジョージ・クルーニー、スーダン共和国でマラリアに感染。
ジョージ・クルーニー、内紛が収まらないスーダンを視察中にマラリアに感染。昨年8月には「第62回エミー賞 “ボブ・ホープ・ヒューマニタリアン賞”」を受賞。
これまでの勇気溢れる人道的活動の数々が認められ、2008年1月に国連平和大使に任命され、昨年のエミー賞では “ボブ・ホープ・ヒューマニタリアン賞” に輝いた俳優のジョージ・クルーニー(49)。彼が北アフリカのスーダン共和国に滞在中、マラリアに感染してしまったことを米CNNが伝えた。

CNNでは、優秀なジャーナリストのピアース・モーガン氏をホストに迎え、新しい対談番組『ピアース・モーガン・トゥナイト』が始まったばかりだ。ゲストは連日超有名人ばかりだが、クルーニー編が間もなく予定されていたところで、突然彼のマラリア感染の連絡がモーガンに入ったという。

クルーニーによる人道支援活動と言えば、記憶に新しいのがハリケーン・カトリーナ、ハイチ大地震などであろうか。だが彼は国外の紛争地域にも目を向けており、ジャーナリストの父ニック・クルーニー氏とともに強く憂いて来たのが、2003年に勃発したスーダンの「ダルフール紛争」であった。

クルーニー親子は、アラブ人とそれ以外の民族との間で残虐行為、惨殺が繰り広げられている現地を2006年に訪問し、その実態を世界の人々に知らせるとともに、ノーベル平和賞受賞作家エリー・ウィーゼル氏らと組み、国連安全保障理事会に平和維持軍の派遣を呼び掛けた。

また近年スーダンでは、アビエイ境界線をめぐる南北間の争いも激化しており、いまだ地下には石油資源が豊富に眠っていることから、その権利をめぐり新しい紛争が起きる可能性も指摘されている。

そのような中で、昨年12月から再び現地入りしていたクルーニー。マラリア感染は2度目だというが、体調はひどく悪く治療が続けられているという。どうか早く回復されますように。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年1月21日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。