【エンタがビタミン♪】「アイドルを舐めんじゃない。」演出家・蜷川幸雄が、ジャニーズを舞台につかう理由。

蜷川幸雄演出で三島由紀夫の「サド侯爵夫人」「わが友ヒットラー」二作に来月から出演する、東山紀之生田斗真。蜷川の舞台にはジャニーズら“アイドル”と括られる俳優を、出演させることも多い。1月23日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)では蜷川が「トップを走り続ける、本当のアイドルの姿」、東山は「決して甘くはなかった、ジャニーズJr.時代」を語った。

「ジャニーズには、“裕福な家庭”に育った子は少ないですよ。」と語る、東山。片親だったり、経済的に苦しかったりと小さいころから苦労して育った子が多いのだ。だからこそレコードデビューを目指し、歌やダンスに必死にレッスンに励むのだという。
「僕たちのころはレコードデビューしてないと、ゴミみたいな扱いでしたから。」
当時は番組のディレクターに邪魔者扱いされたり、いやな思いもたくさんしたという東山はその鬱憤を走ったり腹筋したりして、発散していたと話す。結局その不遇な時代を耐えられないで、ジャニーズを去って行く者もいたのだろう。

蜷川は、「なんでジャニーズなんかと、仕事をするのか?」とよく聞かれるという。その言葉には、軽蔑的な意味が見え隠れする。彼は「アイドルを舐めんじゃない。」と語り、中途半端な仕事をしている役者よりトップを走り続けているアイドルと呼ばれる人のほうが、並々ならぬ努力をしている―と語った。
何万何百万のファンの欲望に応える彼ら(アイドル)は、ただ者ではないというのが彼の持論である。だが厳しい演技指導で知られる蜷川にとって“表現者”として魅力的であれば、ジャニーズであろうと無名の役者であろうと関係ないとも述べていた。そんなに甘い世界ではないのである。
(TechinsightJapan編集部 みやび)

当時の記事を読む

蜷川幸雄のプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「蜷川幸雄」に関する記事

「蜷川幸雄」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「蜷川幸雄」の記事

次に読みたい「蜷川幸雄」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年1月25日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 蜷川幸雄 ジャニーズ
  2. 蜷川幸雄 中村倫也
  3. 蜷川幸雄 二宮和也

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。