【エンタがビタミン♪】二宮和也、松山ケンイチ。映画『GANTZ』コンビの口ぐせを解明。

人気漫画を映画化した『GANTZ』が公開されて話題となっている。内容の面白さはもちろんだが主演が二宮和也と俳優の松山ケンイチということも人気の要因だろう。
その2人がテレビ番組で深層心理のプロフェッショナルから心理分析された。

映画『GANTZ』公開前日の1月28日にテレビ「DON!」に2人が出演した時のことだ。番組の企画「勝手に心理分析」で二宮和也と松山ケンイチの口ぐせから“本人も知らない本性”が解明されたのである。
同番組の心理分析企画で知られる出口保行教授(東京未来大学)がその心理分析を行った。教授は法務省時代におよそ1万人もの犯罪者と面接してきた経験を持ち、その口ぐせやしぐさで相手の深層心理を分析する“深層心理のプロフェッショナル”だ。

二宮和也は映画『GANTZ』のインタビューでのやりとりを検証された。彼はその中で「やっぱりねっ、パート1であるってこと…」、「やっぱ、観光とかで来ている…」、「単純にやっぱ…」など10分間で8回も『やっぱり』を口にしたのだ。
さらに彼はもう1つ「ボクも久々なので。“海外自体が”」、「お金を払って見に来てくださっているので。“今回は”」、「さすがにないですね。“ボクは!”」というように主語と述語を逆にして話すという『倒置法』を用いるクセを見抜かれた。

教授はこの2点をもとに二宮和也の深層心理を分析したところによると、『やっぱり』を多用することから二宮は『アイドルらしくない、理屈っぽい性格』という結果が出た。彼が会話の中で倒置法を使うことも『理屈っぽい人』の深層心理である『自分の論理を通したい』ことの表れだというのだ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

二宮和也のプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「二宮和也」に関する記事

「二宮和也」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「二宮和也」の記事

次に読みたい「二宮和也」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク