【エンタがビタミン♪】“奇跡の歌声”の青木隆治。モノマネを馬鹿にしていた頃、コロッケから言われた言葉。

「へぇ~、似てるね。」これだけでは終わらないのが、青木隆治のモノマネである。感動のあまり涙したり、沈み込んでいた心が明るくなったりと、“人の心に響く”歌声を彼は持っているのである。

2月9日の『ひるおび!』(TBS系)に生出演し、モノマネを披露した青木隆治。
番組コメンテーターのデーモン閣下が、「(男女の関係なく)原曲とキーが同じこと。」「声の出し方が全く違う歌い方を、続けて歌えること。」が驚いたという。確かに演歌でもJ-POPでもひと休みせずに、彼は続けて歌う。プロから見ると、これは大変難しいことらしい。青木によると、さほど意識しないで普通に歌えるのだと語る。

1月29日は青木隆治の誕生日。この日熱海のホテルで1泊2日のツアーが行われ、約140名のファンが参加した。ファンの年齢は20~70代と幅広い。一昔前のものまね番組では森進一やアグネス・チャンなど昭和の歌手のマネばかりで、若い世代には解らない歌が多かった。しかし青木隆治はGReeeeNやhyde(L'Arc~en~Ciel)から、布施明や渡辺真知子そして有名な美空ひばりまでレパートリーが幅広い。トークも面白くて楽しいと評判で、幅広い年代から多くの支持があるのもうなずける。

彼は幼い頃から抜群に歌が上手く、たくさんのコンテストに出ては優勝をしていた。自分は歌手になれるものだと思い込み、10代の後半からは各レコード会社のオーディションを受けるも次々と落ちてしまう。審査員から決まって言われるのは、「歌は上手いけど、心に響かない。説得力が無い。」という批評ばかり。しかし自分の歌に自信があった青木は、「そのうち受かるだろう。」と全く気にしていなかった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 青木隆治 ものまね
  2. 青木隆治 研ナオコ
  3. 青木隆治 結婚
青木隆治のプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る 2011年2月11日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「青木隆治 + ものまね」のおすすめ記事

「青木隆治 + ものまね」のおすすめ記事をもっと見る

「青木隆治 + 結婚」のおすすめ記事

「青木隆治 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

「青木隆治 + 研ナオコ」のおすすめ記事

「青木隆治 + 研ナオコ」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら