【アジア発!Breaking News】バンコクの狼少女、毛深さでギネス記録達成。(タイ)

バンコクの郊外に住むスパトラ・サスファン(Supatra Sasuphan)ちゃん(11歳)は、世界的に珍しい病気で手や足、顔、背中に過度に毛が生えている。そんな彼女が、この度「世界一毛深い少女」としてギネス記録を達成した。

幼いころからメディアに取り上げられ、学校では「サル」や「狼少女」といじめられたこともあるが、持ち前の明るさで克服し、今では人気者になっているというスパトラちゃん。ギネス記録を達成したことに対しては「たくさんの人が努力してやっとできることを、私は質問に答えるだけでよかった」と素直に喜んだ。

スパトラちゃんの病気はアムブラス症候群というもので、全身が毛で覆われた様子から「狼ヒト症候群」とも呼ばれる。世界で40~50例が報告されているだけの珍しい病気で、現在その治療法は確立されていない。年齢が増すほどに長く、濃くなり、レーザー脱毛も効果はなく、皮膚が腫れてしまうという。

この病気は、毛が多いこと以外になんら変わりはなく、スパトラちゃんは友達と一緒に泳いだり、踊ったりしながら元気に遊んでいる。「自分の病気にも周りの反応にももう慣れたから平気。でも時々毛がジャマで前が見えにくい」と話すスパトラちゃん。将来は数学教師か医者になりたいと語った。
(TechinsightJapan編集部 片倉愛)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年3月6日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。