【Pray for Japan , from the world】ハイチとはぜんぜん違う…南アフリカレスキュー隊、寒さに耐えながらの救助活動。

南アフリカから日本の被災地に向けて派遣されたレスキュー南アフリカチーム。ハイチの地震の際に得た救助活動経験を生かそうと思ったが、全く違っていると驚いているそうだ。

3月16日に南アフリカを発ち日本へ救助活動をしにやってきた、50名の『レスキュー南アフリカ』チーム。仙台空港近辺の名取という場所の田んぼ一帯を活動場所として被災者の捜索を行っている。二人乗りの赤いゴムボートで移動し、漂積物や水底から現在までに3体の遺体を発見している。

救助隊は「すごく寒いし危険な中での救助で疲労が大きいが、毎晩クッキング・コンペティションをして士気を高めている」のだとか。

また、ハイチでの救助活動との大きな違いを感じている救助隊員もいる。「ハイチでは地震後の建物倒壊の中で救援活動をしていたが、日本は違う。家が木製のものが多いのでバラバラになっており、さらに津波で押し流されている。発見された遺体も押し流された木材などで動けなくなった状態だった」とのこと。一緒に派遣された医療チームは救助隊の健康管理も行っている。「冷たい水の中へ潜りこんでの救助活動が心配」だと述べている。

環境の全く違う場所での救助は、被災者だけでなく救助隊も少なからずストレスを感じているはず。助け合いという気持ちを忘れることなく誇りを持って救助に望んでもらいたい。
(TechinsightJapan編集部 近藤仁美)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年3月25日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。