【エンタがビタミン♪】Coccoが被災地へ向け入魂の熱唱。共演者らも共感の涙。

沖縄出身のシンガーソングライターCoccoが「ミュージックステーション」に登場して渾身の熱唱を被災地へ捧げた。そんな彼女の歌と涙に共感して共演者も目を赤くした。

3月25日のテレビ「ミュージックステーション」には浜崎あゆみ平原綾香、加藤ミリヤ、堂本剛、AI、ゆず、そしてCoccoが出演した。震災後2回目の放送となる今回は、先週急遽声をかけたところ快く応えてくれた7組である。

そのひとり、AIは地震が起きた日に米国のロサンゼルスにいた。何度も被災地の状況がテレビで放送され「すごい情報量だった」とAIは海外でもことの重大さがひしひしと伝わったと話した。
スーパーのレジでもみんなが心配してくれ、訪れた教会では何千人もの人々が日本は大変な状況だからと「みんなでプレイ(祈り)しよう」と一緒に祈ってくれたのだ。彼女は「いろいろな人々が日本のことを思ってくれることに感激した」と語った。
この日AIが歌ったのは『Story』(2005年リリースされた12枚目のシングル)で、内容は『みんなが支えあいながら生きている』ことをテーマとしており、同番組にも多くのリクエストが寄せられている。
歌う前からAIは今にも泣き出しそうな表情をしていたが、その感情を歌に込めることで素晴らしいパフォーマンスとなったのである。

AIが歌い終わり戻ったひな壇では横にCoccoが座っていた。Coccoはうつむいたまま目を閉じてまったく動かないのだ。何組かのアーティストが歌う間もずっと同じ体制で『自分の世界に入り込んでいる』ような状態だった。AIがそんなCoccoを心配して時おり横目で様子をうかがうが、その集中力に声をかけることさえできなかった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ミュージックステーション ウルトラフェス
TechinsightJapanの記事をもっと見る 2011年3月28日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ミュージックステーション + ウルトラフェス」のおすすめ記事

「ミュージックステーション + ウルトラフェス」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「キスマイBUSAIKU!?」のニュース

次に読みたい関連記事「キスマイBUSAIKU!?」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「VS嵐」のニュース

次に読みたい関連記事「VS嵐」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら