【EU発!Breaking News】総価値なんと20万ユーロ。有名芸術家の絵画が2点、盗まれる。(独)

世界的にも有名なドイツ出身の現代芸術家、ヨーゼフ・ボイスの絵画が2点、盗難にあっていたことが明らかとなった。

この絵画はドイツ銀行が所持するもので、フランクフルトにあるドイツ銀行のビルの一室に展示されていたのだが、先月9日に姿を消した。だが警察が盗難届を受け取ったのは、今月に入ってからであった。

これについてドイツ銀行の広報担当は、当時ビルの改装工事があり、荷物持ち出しの際これらの絵画がどこか間違った場所に置かれそのままにされた可能性があり、必ずしも盗難にあったと思われる状況ではなかったため、しばらくは盗難届を出さずに様子をうかがっていたと話している。こうした経緯があったため、どのような手段で盗まれたかは未だに明らかとなっていない。

ドイツ銀行は1979年からボイスの作品の収集を開始し、これまでに5万6千点もの作品を購入している。盗難にあった絵画は『Schwäne(白鳥)』というタイトルの水彩画2点であり、その価値は合わせて20万ユーロ(約2300万円)は下らないという。
(TechinsightJapan編集部 椎名智深)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年3月30日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。