人気ドラマシリーズ「3年B組金八先生」が定年を迎える今年、3月27日にその32年の歴史に幕を閉じた。
シリーズ当初は兄のような存在でもあった金八先生も生徒から「じじい」と言われる年齢だ。

3年B組金八先生ファイナル『最後の贈る言葉』」は4時間もの長丁場だった。金八先生こと坂本金八(武田鉄矢)の娘・乙女(星野真里)の結婚式から始まり、教師生活最後の3Bの問題児・景浦裕也(岡本圭人・Hey!Say!JUMP)を歴代の卒業生たちと一緒に救っていく様子が描かれた。卒業生が出てくる度、その生徒の思い出のシーンが流れたのでとても助かった。それにより全シリーズを見ていない人も、それこそ親子でも楽しめる仕上がりとなっていた。改めて32年という年月を感じることが出来た。

60歳と年を取った金八先生もかつての勢いを失い気味で久しぶりに見た方は驚いたのではないだろうか。それに加え、体調も優れないなど、かなり弱々しい姿になってしまった。そんな弱っている金八先生の姿はあまり見たくないと、いたたまれない気持ちになったのだが、3Bの卒業生たちにとっては「先生はいつまでもあの頃のままだ」という気持ちでいるのがひしひしと伝わってきた。

一人では体力的にも景浦の面倒を見切れなくなった金八先生を、噂を聞きつけた卒業生たちがアシストする。マッチこと近藤真彦演じる星野清の説教に始まり、兼末健次郎(風間俊介)と深川明彦(亀梨和也)は危ないところを救い、増田、加藤は勉強を教えるなど立て続けに登場。歴代