多数のセレブを顧客に持つハリウッドの有名美容整形外科医らは、この所アンジェリーナ・ジョリーのようになりたいという注文がピタッと途絶えたと語っている。その真相とは…。


最も美しい、理想的な顔立ちを誇る女性セレブ=アンジェリーナ・ジョリーという定義はもう古い? 少し前のこと、ハリウッドで長く活躍している美容整形外科医のリチャード・フレミング、トビー・メイヤー両博士は、合同調査の結果をNYポスト紙にこのように発表した。

「直近1200以上の例から考えると、最近ではナタリー・ポートマン風にという注文が圧倒的に多いです。パーツではアン・ハサウェイの目、スカーレット・ヨハンソンの唇、ナタリー・ポートマンの鼻に人気が集まっています。アンジェリーナ・ジョリー風にという注文はもう聞かないですね。」

その報道を知ってか、アンジーは最近スタッフに「もう鏡が怖い。シワを発見するたびにイライラするから、自宅では鏡を見ないようにしている」と漏らし、カメラの前で笑うことが苦痛になったと話しているという。

フレミング氏はさらにその後、「アンジーの顔立ちは35歳になった今もなお完璧です。
でも皮膚や顔色など全体を含めての魅力に欠けて来ているのでしょう。カラスの足跡や両頬の下に出来る深いシワは、彼女が老けて見える大きな原因です。もっともペネロペ・クルスはいまだに根強い人気がありますね」ともコメントしている。

おっと…ペネロペ・クルス。彼女はアンジーより1つ年上の36歳、これは聞き捨てならない話である。カラスの足跡やほうれい線などは厚塗りでカバーできるものではないだけに、プライドに生きる女優アンジェリーナ・ジョリーのショックは想像をはるかに超えるものがありそうだ。

(TechinsightJapan編集部 Joy横手)