【EU発!Breaking News】出産のプレッシャーに負けてお産直前に大量飲酒した女性。産まれた子も飲酒状態に。(スロバキア)

スロバキア東部の街コシツェの病院で、多量のアルコールを飲み酩酊状態になった女性が出産した。産まれた赤ちゃんもまた、アルコールを『飲んでいる』状態となってしまった。

出産のためにコシツェの大学病院にやってきたこの女性はひどく酔っぱらっていた。検査の結果、0.24パーセントの血中アルコール濃度が女性に計測された。これはいわゆる『酩酊極期』と呼ばれる状態である。

出産直前にアルコールを飲んでいると、お腹にいる赤ちゃんにも当然ながら悪影響を与えてしまう。実際この女性から産まれた男の赤ちゃんにも、残念なことに0.012パーセントという血中アルコール濃度が検出されてしまった。

そのためこの赤ちゃんは非常に落ち着きがなく、声や音などいった外からの刺激に対して極めて過敏に反応していると、担当医達は話している。

母親となったこの女性は、妊娠している間は全くお酒を飲まなかったが、出産へのプレッシャーに耐えられなくなり、出産前夜のみグラス1杯のワインを飲んだという。

だが血中アルコール濃度0.24パーセントというと、酒量でいうと例えば4合から5合の日本酒を飲んだ位の値だ。グラス1杯のワインを飲んだだけの結果とはとても考えられない。

この先、子供を育てていく上でさらに大変なこともあるだろうが、果たしてこの女性は、それをアルコールなしで耐えていけるのだろうか?
(TechinsightJapan編集部 椎名智深)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年4月12日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。